読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋楯

恋する乙女と守護の楯 その5

穂村有里をクリア。 主人公と協力して雪乃の身辺を護衛しているうちに、協力関係がいつの間にか信頼関係になり、恋愛対象になる。 しかし、ガーディアンとしては主人公のほうが優秀であるため、所属会社からクビをちらつかせられた有里は主人公より先に手柄…

恋する乙女と守護の楯 その5

穂村有里をクリア。 主人公と協力して雪乃の身辺を護衛しているうちに、協力関係がいつの間にか信頼関係になり、恋愛対象になる。 しかし、ガーディアンとしては主人公のほうが優秀であるため、所属会社からクビをちらつかせられた有里は主人公より先に手柄…

恋する乙女と守護の楯 その5

穂村有里をクリア。 主人公と協力して雪乃の身辺を護衛しているうちに、協力関係がいつの間にか信頼関係になり、恋愛対象になる。 しかし、ガーディアンとしては主人公のほうが優秀であるため、所属会社からクビをちらつかせられた有里は主人公より先に手柄…

恋する乙女と守護の楯 その4

椿原蓮をクリア。 なんというかパッケージの裏の蓮の説明にのっとった感じの話だったかな。 主人公の秘密を知ったとたん、私も手伝う!って言い出したのはちょっと痛いかなあとも思ったけど、蓮の性格や主人公の任務の仕様上仕方の無いことなのかも。 ただ、…

恋する乙女と守護の楯 その4

椿原蓮をクリア。 なんというかパッケージの裏の蓮の説明にのっとった感じの話だったかな。 主人公の秘密を知ったとたん、私も手伝う!って言い出したのはちょっと痛いかなあとも思ったけど、蓮の性格や主人公の任務の仕様上仕方の無いことなのかも。 ただ、…

恋する乙女と守護の楯 その4

椿原蓮をクリア。 なんというかパッケージの裏の蓮の説明にのっとった感じの話だったかな。 主人公の秘密を知ったとたん、私も手伝う!って言い出したのはちょっと痛いかなあとも思ったけど、蓮の性格や主人公の任務の仕様上仕方の無いことなのかも。 ただ、…

恋する乙女と守護の楯 その3

新城鞠奈をクリア。 両親がいない寂しさの裏返しとしてわがままな行動に出る鞠奈とそれをなだめる主人公。 主人公の境遇が自分と似ていることから鞠奈は惹かれていくが、天邪鬼な性格が災いして素直になれなくて・・・というような感じのお話。 この話で一番…

恋する乙女と守護の楯 その3

新城鞠奈をクリア。 両親がいない寂しさの裏返しとしてわがままな行動に出る鞠奈とそれをなだめる主人公。 主人公の境遇が自分と似ていることから鞠奈は惹かれていくが、天邪鬼な性格が災いして素直になれなくて・・・というような感じのお話。 この話で一番…

恋する乙女と守護の楯 その3

新城鞠奈をクリア。 両親がいない寂しさの裏返しとしてわがままな行動に出る鞠奈とそれをなだめる主人公。 主人公の境遇が自分と似ていることから鞠奈は惹かれていくが、天邪鬼な性格が災いして素直になれなくて・・・というような感じのお話。 この話で一番…

恋する乙女と守護の楯 その2

真田設子をクリア。 幼い頃からガーディアンとして育てられた主人公と、暗殺者として育てられた設子の対比が描かれたシナリオだった。 雪乃をクリアしたときに真っ先に気になったのがこのキャラだった。 雪乃ルートでは救いがなかった印象だけど、別離エンド…

恋する乙女と守護の楯 その2

真田設子をクリア。 幼い頃からガーディアンとして育てられた主人公と、暗殺者として育てられた設子の対比が描かれたシナリオだった。 雪乃をクリアしたときに真っ先に気になったのがこのキャラだった。 雪乃ルートでは救いがなかった印象だけど、別離エンド…

恋する乙女と守護の楯 その2

真田設子をクリア。 幼い頃からガーディアンとして育てられた主人公と、暗殺者として育てられた設子の対比が描かれたシナリオだった。 雪乃をクリアしたときに真っ先に気になったのがこのキャラだった。 雪乃ルートでは救いがなかった印象だけど、別離エンド…

恋する乙女と守護の楯 その1

春日崎雪乃をクリア。 今回はあらすじといった類のものを書くのを省略する。 この話はなんというか、読み進めれば進めるほどやめ時が見つからない感じだったかな。 雰囲気的にはライトノベルのフルメタル・パニック的な印象。 なんだけど、話の引っ張り方は…

恋する乙女と守護の楯 その1

春日崎雪乃をクリア。 今回はあらすじといった類のものを書くのを省略する。 この話はなんというか、読み進めれば進めるほどやめ時が見つからない感じだったかな。 雰囲気的にはライトノベルのフルメタル・パニック的な印象。 なんだけど、話の引っ張り方は…

恋する乙女と守護の楯 その1

春日崎雪乃をクリア。 今回はあらすじといった類のものを書くのを省略する。 この話はなんというか、読み進めれば進めるほどやめ時が見つからない感じだったかな。 雰囲気的にはライトノベルのフルメタル・パニック的な印象。 なんだけど、話の引っ張り方は…