読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粉瘤

今年に入ってから、背中の肩甲骨付近あたりにシコリのようなものができてきて、
(しばらくほっとけば治るだろ…)
と思っていたんだけど、ゴールデンウイークあたりから無視できないぐらいに腫れてきて、ここ数日は痛みを伴うようになった。
おそらく外科か皮膚科当たりに行かないと治らないだろうとは思うものの、普段お世話にならないような科だし、診療費が幾らかかるのかも分からないので、なかなか踏ん切りがつかなかった。
だけど、あまりの痛みに観念して家の近くにある病院の外科を受診。

「あ~これは粉瘤ですね~。皮膚の中に垢などが溜まっていて、その袋をとり出さないと治りません。が、患部の周りが炎症を起こしているので、まずはそれを取り出してから取ります。」

とのことで、今回は皮膚を切開して膿だけだして帰された。
明日ガーゼ交換をするらしい。

実は、粉瘤という病気は10年ほど前に右肩の上にできたことがある。
その時はたまたま風邪を引いていて、その時にかかっていた医者に見せたら、

「切開しましょう」

とか言われて気の遠くなったような苦い思いがある。
その時は切開したのは1回だけだったけど、今回はあともう一回あると思うとさらに気が滅入る。

初・再診料 2700円
投薬 680円
手術 4800円

                                • -

計 8180円 (3割負担なので2450円)

酒は禁止されたけど、自転車の運転は特に問題ないとのことで、その後、外に買い物に行く。
すると、汗で処置されたところにかぶせてあったガーゼがとれた!
帰り際に、
「何かあったらすぐに来てくださいね」
といわれていたので、それを思い出して再度病院を受診。
結局明日を待たずにガーゼ交換をするはめになった。
タダなわけもなく、140円かかる。

鬱、鬱、鬱。